ビジポコ相談室

ビジポコ相談室ライト:副業のサイト制作で20万円稼ぎたい

ビジポコの藤田です。

匿名希望の方よりライトなご相談をいただきました。

 

「副業のサイト制作で今月5万円稼いでいるが、副業を月20万円まで伸ばしたい。ただ、サイト制作やLP制作は競争が激しく、ココナラ等でスキルを販売しているが、この先そんなに伸びるとは思えなくなってきた。ディレクターのスキルを身につけるべきでしょうか? また、ココナラからランサーズやクラウドワークスに出品先を変えることも検討しています」

 

といったもの。

副業が当たり前になり、在宅で本業の後の時間にできるウェブ関係の制作の仕事。ぜひ頑張っていただきたいのですが、競争が激しすぎると。月5万円は売上られているが、もっと伸ばしたいと。ネットを見ていると1年目でも月数十万円稼いでいる人が散見されるので、自分はスキルが低いんじゃないかという心配があるようです。

 

この相談をビジポコ編集室に持ち込んでみました。では、編集長河上は、デザイン思考でどう答えるでしょうか・・・?

続きを読む

【ビジポコ相談室】大混戦の看護師転職メディアで収益を上げるには?

 

ビジポコ藤田です。

いま、医療に注目がとても集まっています。もともとウェブ上にはナースの転職メディアがたくさん。実は看護師のライターさんも増えていて、看護師ライター養成講座なんてのもあるぐらい。その分だけ看護師転職のメディアは多数存在します。

 

今回のビジポコ相談室は、大混戦の看護師転職メディアで人のお役に立っていくにはどうしたらいいかお届けしていきます。ご相談者は現役の看護師さん。しかも、介護士さんから看護師さんの資格をお取りになり、現役で活躍されている方です。

 

ご相談者:さーしさん

ご職業:介護士から看護師になった現役看護師。

ご相談内容:看護師の転職メディアを運営中。いくらか収益が上がっているが、もっともっと人の役に立って、自分も収益が上がるようにしたい。

ご相談のサイト:応援ナースを紹介する、『看護の派遣110』を運営

 

【今回のダイジェスト】

  • 月収45万円という高給と、働く自由を両立させた人として発信
  • ペルソナによってサイトを2つに分割
  • サイト上の認知の不協和をなくす
  • どこから新しく人をひっぱってくる?

 

では、いきましょう!

続きを読む

ビジポコ相談室:湘南のサーフィンの先生が、もっともっと生徒さんの役に立つには?

ビジポコ藤田です。

ご相談をいただきました。

湘南でサーフィンの先生をなさっている佐藤さんからです。

 

「オリンピックの影響もあって、サーフィンをしてみたいという方は非常に多いです。そして、サーフィンを通じて人生が変わってしまう人も結構いて、今年に入ってからもスクールでは4,5人、湘南へ引っ越してくる人も。

 

今も十分、人生は充実していますが、もっともっと生徒さんの役に立ち、喜ばれるには何が必要か?」

 

湘南でサーフィンの先生!素敵ですね。

では、デザイン思考でビジポコ編集長河上はどう考え、どう答えていくのでしょうか?

ヒントは、キャンプでいうところのグランピングです。パッケージされた楽しさや、似て非なるモノを提供していく。サーフィンそれだけでなく、気兼ねなくケーキを食べられる1日を提供していく・・・。

さて、どうなるでしょうか!?

 

続きを読む

ビジポコ相談室ライト:携帯電話販売員のブロガー/ブログ副業。格安SIMを「美味しい」以外で売るには?

ビジポコ藤田です。

軽め(ライト)なご相談をいただきました。

 

お名前:にはまそさん

ご年齢:25歳

ご職業:携帯電話販売

 

ご相談:携帯電話の販売をしながら、知識を活かして格安SIMを広げたいと思っています。ただ、ありがちな「安いですよ」「早いですよ」といった、ありがちな訴求になってしまうんです。ビジポコでいうところの「美味しい」を売ることになり、大勢のブログのなかで埋もれてしまうし「美味しいは伝わらない」です。何か読み手のためになりながら、自分も収益を上げられる表現はないでしょうか。

 

SNSからのご相談です。にはまそさんは知性あふれる投稿をされており、ビジポコにも関心を持ってくださいました。ブログで格安SIMを売ろうにも、ありがちな訴求になるというお悩み。

 

ビジポコでは「美味しいは伝わらない」「美味しいは価値じゃない」と学びましたよね。では、同じように「安い」「早い」という伝わらない価値を、ブログ経由で伝えるには?ビジポコ編集長河上は、デザイン思考を用いてどのように解決するのでしょうか?

続きを読む

ビジポコ相談室:東北のお豆腐屋さんが、足の速い豆腐で幸せを届けるには?

ビジポコ藤田です。

 

ご相談をいただきました。

東北地方に移住され、岩手県普代村(ふだいむら)で、廃業寸前のお豆腐屋さんを引き継ぎ、豆腐作りをゼロから学んで、現在では売り歩いておられる鬼束さんです。

 

「現在、売上は月30万円ほど。インターネットを通じて、全国の人に豆腐を届けたいが、豆腐は水を使うので足が速い(傷みやすい)ところがある。どうしたら全国の人に豆腐を届けられるか」

 

というご相談でした。

 

ここに、デザイン思考でどう答えていくか。

編集長河上は、どのような質問し、何を導き出すのか。

今回のビジポコ相談室は、『インターネットで豆腐を売るには?』です!

 

先にまとめると、下記のような学びが登場します。

 

  • 認知度が低い商品の場合は、有名なプロダクトと組み合わせる
  • 日常で思い出してもらうポイントを設計する
  • 役立つを中心として考える
  • 最後にどんな景色が見たいかが大事になる
  • 代表電話にかけて30分取ってもらう
  • ストーリーを設計する

 

さあ、どうなるでしょうか!

続きを読む

SDGsの本領発揮:障害者雇用の闇を祓ったら、数兆円の新規事業が見えた

障害者雇用について何を思いますか?

そもそも何か思いを持っていることはありますか?

 

障害を持っている方自身・・・働きたい

国や行政・・・雇用を促進したい

企業側・・・活躍してくれるなら、地元で愛されるために雇い入れるのはまんざらでもない

 

という思いがあるはずです。

 

三者三様に思いがあるのに、実際は全体の2.3%しか障害者雇用が実現しておらず、大企業のうち50%以下しか達成していない現実。

そして、未達成分は、ひとり5万円の罰金を支払えば、それ以上のお咎めはなし。1名雇い支払う給料と比べれば、遥かに安い罰金。利益を出すことを目的とする法人は、障害者雇用をしないのです。

 

ご相談者五十嵐さんは、ご自身もADHDの当事者として企業の人事で働きながら、この現実をなんとかしたいとビジポコ相談室にお越しになりました。編集長ヤスは、デザイン思考でどう答えて、どう「役立つ」「儲かる」「できる」そして「やりたい」の四角形を描いていくのでしょうか。

 

今回のビジポコ相談室は、「障害者雇用をビジネスで解決したい」です!

続きを読む

ビジポコ相談室:静岡のうなぎ屋さんとシャンゼリゼ通りの夢

ビジポコ藤田です。

 

ご相談をいただきました。

今度の相談者は、静岡県静岡市のうなぎ屋の女将・吉田様からです。

「うなぎ!」と色めき立つ編集長ヤス&ライター藤田。

 

静岡県はウナギが有名。美味しく、客単価も高そうで、コロナでも売上はそれほど落ちてないと、吉田さんは言います。もともと、職人だったご主人が事情で仕事ができなくなり、女将さんが職人になって店を回しているという、バイタリティの持ち主。

 

女将さんが考えた初期プラン・お悩みは以下の通り。

 

  1. 女将さんが職人として店を回しているが、仕事の比率が大きくなり大変。どうしたら人に任せて店が回るか。
  2. うなぎ職人育成スクールをやってみたい!「さばき」と「焼き」は教えられるが、ビジネスとして成り立つかな?
  3. 卒業生相手にフランチャイズするのはどうだろう?
  4. 自社サイト(ネットショップ)の売上も伸ばしたい!今は月10万円ほどの売上。

 

さて、デザイン思考で編集長ヤスはどう答えるのでしょうか・・・?

今回のビジポコ相談室は、「うなぎ屋さんの新規事業」をポコッとしてまいります。

 

続きを読む

新規事業の道具箱:デザイン思考、アート思考、ロジカルシンキング

こんにちは。

犯人はヤス。でお馴染みのBizpoko編集長の河上泰之です。

 

本投稿は、読者からいただいた質問への回答です。

問題解決、新規事業創出、起業、副業を考えるひと全員におすすめの内容です。

いただいた質問はこちらです。

========

質問

「ロジカルシンキング、デザイン思考、アート思考について、どう繋がっていて、使い方はどうするの?」

 

質問の背景

・ロジカルシンキング、デザイン思考、アート思考はそれぞれ本で読んだことはある

・それぞれ、なんとなく理解したつもりだし、局所的には使えてそう。効果も感じなくはない

・諸々考え方はあるけど、結局考え方ってどう考えればいいんだろう?→モヤモヤ感から質問

========

 

こういった方、実は多いのではないでしょうか。

編集長ヤス。は、IBMやデロイトトーマツの戦略コンサルタントたちにデザイン思考を教え、プロジェクトで使ってきた経験から、デザイン思考そのものはもとより、ロジカルシンキング、アート思考との関係性も整理してきました。

これら思考法を整理する上で重要なことは、各手法を単純に「道具」として扱うことです。

 

例えば、食事に使う道具としてナイフ、フォーク、スプーンがあったとしましょう。

ナイフでも、カレーライスを食べようと思えば食べられますが、効率が悪いし、食べる瞬間に口を切るかもしれない。そんな危険を冒し、ヒヤヒヤしながら食べるカレーが美味しいはずはないですね。

もちは餅屋。カレーはスプーンで食べるのが一番です。

 

各手法は何も難しいモノではなく、単なる「道具」です。道具なので、主な利用目的があり、目的を達成するための1番いい使い方があるわけです。

この投稿では、新規事業開発でよく使われる、ロジカルシンキング、デザイン思考、アート思考の関係性を整理しながら、どのような場面で何を使えばいいのかをお伝えします

 

今回の内容はすべて、編集長ヤス。が目的学を使って整理しました。

以前「組織開発から始めるDX: ITしか学ばない企業は滅びる」の投稿で、DXを実現するための「組織のあり方」を目的学で整理したように、本投稿も各手法を目的学で整理しています。

以前も書きましたが、目的学とは「目に見えている手段から目的を逆算して、別の手段を検討・提案する」学問です。

 

単純に、成果を得るための道具として「用途を整理した」に過ぎません。

逆にいうと、これまでこういった整理がなされてないがために、混乱して日本のビジネス界が混乱してきた、ともいえます。

これまでなぜ整理されなかったかというと、方法論を乱立させ各研修を売ったり、新しい方法論を売ると儲かるからです。このような、方法論商売との付き合い方も、後ほど簡単に触れます。

 

ちなみにこの整理は、戦略コンサルタントもきちんとできていない分野です。年収1500万円の人でも知らない話なので、ここに書かれた内容をスラスラ言えると、至るところで自慢できます。今風に言うと、ドヤれます。ぜひ覚えて、ドヤってください。笑

 

ドヤるかどうかは別ですが、問題解決や、新規事業創出、起業したい、副業をしたい人、全員におすすめです。

各手法を学んだことがない人も、今後どこかで学ぶにあたり、全体像を把握できます。

 

いつものごとく前振りが長くなりました。

それでは、スタートです。

続きを読む

ビジポコ相談室:ホテル業界に恩返しがしたい。コロナ禍で客数大幅減少に苦しむ浜松のホテルの打ち手は?

ご相談をいただきました。

 

現在、コロナ禍で様々な業界が苦境に立たされています。

最も苦しい業界の一つが、ホテル業界です。

元ホテルマンで23歳のWebマーケター・伊藤仁さんは、お世話になったホテルとホテル業界に恩返しをしたいと感じ、オウンドメディア集客などの新規事業を考えていました。ホテルにお客様を取り戻すには、何か打ち手があるのか・・・何を発信すれば、お客様はやってくるのか。価値を探す達人・編集長ヤスはどう答えるのか。今回のビジポコ相談室は、ホテル集客です。

 

【ご相談者】伊藤仁さん 23歳 男性

【お住まい】静岡県浜松市

【職業】Webマーケティングのコンサルタント

【前職】ホテルマン

【希望】ホテルにたくさん送客したい。

【備考】ホテル単価1万~2万円/日の、ランドマーク的シティホテル。結婚式場やレストランもある。

【今の着想】①オウンドメディアを構築しようか考えている ②LTVを伸ばすため高齢者より若者を集客すべきではないだろうかと考えている。

 

・相談内容①:高単価ホテルへの集客を増加させるために、地域に絞ったホテルのオウンドメディア構築を考えております。なぜオウンドメディアかというと、現在コロナの影響を受けたホテルが多数あり、現状私に大きな予算を預けていただける状況ではありません。そこで、オウンドメディアのPVを伸ばし、まずはホテルに広告枠として営業をかける予定です。

 

・相談内容②:若年層を獲得するための施策をご提案しようと考えています。現状、地方の高単価ホテルのお客様はご年配の方ばかりで、頻繁に足を運ぶわけではなく、LTVも伸びづらいです。そこで若年層を獲得できることで、中長期的に売上をもたらしてくれるはず・・・

 

では、スタートです。

続きを読む

ビジポコ相談室:Web制作で食べていきたい。強みは歯科衛生士。どうやって歯科医院のホームページ作りを任されたらいい?

相談室にお便りをいただきました。ビジポコ藤田です。

デザイン思考を通じて新規事業を生み出す。今回は、歯科医院のWeb制作案件を取りたいという方。さて、デザイン思考で何が生まれるでしょうか・・・?

 

(略)「個人の歯科医院でHP制作~更新」までワンストップで任される位のレベルの人間になれることが最終的な目標です。
概ね4年後くらいにそんな人間になれれば嬉しいです。(4年後に歯科医院へフリーランスとして戻りたいと思っています。)

ここで急に「歯科医院」というワードが出たのは、私自身が歯科衛生士だからです。

正直、歯科衛生士の業務には未来がないな、私にはあまり向いていないと思っていましたが、縁があってWeb系のお仕事に巡り合い、今はWebライター業など簡単ではありますが更新業務をメインにお仕事をやっております。
でも、自分が前に進んでいるのか後ろに進んでいるのか、訳が分からなくなっています。(略)

【伊藤さちさん・大阪府・30代】

 

Web制作(ホームページ作り)で食べていきたいという思いを持たれる方は結構いらっしゃいます。WordPressは少しパソコンに慣れた人なら操作できますし、デザインだって楽しい。ちょっとだけ難しさもあるのでハードルもあります。利益率も高いので、1件30万円~50万円でコンスタントに受注できれば、はいそれだけで食べていけちゃう。

 

海外でも旅をしながらでも在宅でも稼げる最高の仕事として、Web制作はかなり人気のある仕事です。

 

しかし、競争が激しするのと、営業の仕方がわからないのと、営業力に依存したビジネスになるので、激戦でもあります。今回は、歯科衛生士さんの資格を持つ伊藤さちさんからのご相談にビジポコが解決に乗り出しました。

 

【ご相談者】伊藤さち  さん 30代

【お住まい】大阪の超田舎ではないところ

【本業】歯科衛生士

【副業】Webライター

【希望】子供が少し大きくなる4年後を目安に、歯科医院のホームページ制作と更新を本業に、歯科衛生士をサブにして、食べられるぐらいになりたい

【備考】歯科医院のホームページは、必ず存在するがほとんど更新されていないし、されているところも記事は外注っぽい

【今の着想】新規で歯科医院を立ち上げる歯科医に営業をかけたり、更新されてないホームページの運用をできたらなと思う

 

続きを読む