NIKEは靴を通じて何を提供し、ウニ屋は何の役に立っているのか?

ビジポコライター藤田です。

世界を牛耳るGAFAがどんな仕組みで強くなっているのか、関心があるのではないでしょうか。先日ビジポコ編集長河上に教えてもらったのですが、彼らにはそれぞれ価値を問い直す部署があるそうです。

 

Google(アルファベット)・・・知とは何なのか?

Apple・・・デザインとは何なのか?

Facebook(メタ)・・・つながりとは何なのか?

Amazon・・・ECとは何なのか?

 

そして、実は世界のスニーカーブランドNIKEにも「靴とは何か?」を問い直したそうです。彼らが得た答えは「走りを通じて自分をもっと好きになる」存在が靴であると。(参考記事

 

デザイン思考では、この「問い直し」が実は重要だと河上はいいます。というわけで、私は実家の商売であるウニを問い直してみました。

 

「ウニとは何か!?」

 

今回のビジポコは、ウニとは何なのか。ちくちく、トゲトゲ、以外に何があるのか。。。ぜひご自身のプロダクトを問い直していただきたいです!

続きを読む

金か滅私奉公か。行き着く先はビジョンである

ビジポコ編集長・河上にお仕事に深く関わる価値観について聞いてみようのコーナーです。

 

世の中、ビジョンがあふれています。「社会を変えたい」「かつての自分と同じ境遇の人を救いたい」「心のこもった、うちの美味しい品を食べて幸せになってもらう人を増やしたい」・・・。

 

一方で、SNSなどでは働く個人の本音も目にします。「とことん儲けて、理不尽な目に遭わせたあいつを見返したい」「都会を見下ろす高層マンションに住んで偉ぶりたい」「世の中が信用できないから、お金を稼いで不安をなくしたい」などなど。結局はお金が必要であるという声です。

 

暮らしていくためにお金は必要です。世の中には儲けている人もいて羨ましいと思う気持ちもあることでしょう。活躍している人をみて、ふがいない自分と比べてじりじりと焦げるように嫉妬することがあるのではないでしょうか。

金か滅私奉公か。今回のビジポコは、この根深い問題についてデザイン思考で解いていきます!

【ビジポコの学び】

●お金を追い求めないと、質が低下し続けて本物が殴り込んできたときに負ける
●利益を出しながら、質の高いモノを無料で開放していくのが理想的

 

続きを読む

デザインがイケてないなら、感動を見直せ?!

ビジポコのライター藤田です。

藤田の実家は、北海道でウニの加工卸を営んでいます。北方領土で採れたウニを港で買い付け、工場で加工して豊洲市場を中心とした公設市場に卸したり、根室市のふるさと納税を担当したり。みなさまに美味しいウニを食べてもらって「生きていて良かった!」と思ってもらいたい、そんな気持ちでやっています。

 

さて、年末にかけてウニの時価は跳ね上がります。特に今年は赤潮の関係でウニが高くなってしまいました。250グラムが2枚(大人4人前)で10万円はくだらないウニ。工場を仕切る母は、「ちょっといい化粧箱に入れたでぇ^^」と関西弁でご機嫌。

 

しかし実際の箱を見て、藤田は絶句してしまいます。デザインがイケてないのです。

とにかくスタイリッシュにしてほしいと暴れる藤田に、ビジポコ編集長河上はなんと答えるのでしょうか・・・?

 

今回のビジポコは、化粧箱やパッケージ、そして営業(のような)話です!

続きを読む

ビジポコ相談室ライト:副業のサイト制作で20万円稼ぎたい

ビジポコの藤田です。

匿名希望の方よりライトなご相談をいただきました。

 

「副業のサイト制作で今月5万円稼いでいるが、副業を月20万円まで伸ばしたい。ただ、サイト制作やLP制作は競争が激しく、ココナラ等でスキルを販売しているが、この先そんなに伸びるとは思えなくなってきた。ディレクターのスキルを身につけるべきでしょうか? また、ココナラからランサーズやクラウドワークスに出品先を変えることも検討しています」

 

といったもの。

副業が当たり前になり、在宅で本業の後の時間にできるウェブ関係の制作の仕事。ぜひ頑張っていただきたいのですが、競争が激しすぎると。月5万円は売上られているが、もっと伸ばしたいと。ネットを見ていると1年目でも月数十万円稼いでいる人が散見されるので、自分はスキルが低いんじゃないかという心配があるようです。

 

この相談をビジポコ編集室に持ち込んでみました。では、編集長河上は、デザイン思考でどう答えるでしょうか・・・?

続きを読む

ビジネスは複利が一番の魅力

ビジポコ藤田です。

藤田の実家は北海道でウニ屋さんを営んでいます。

 

1995年の阪神淡路大震災でダメージを受け、家族が北海道・千葉・神戸とバラバラになり、それから25年みんなとても苦労しました。同じように今頑張っている人たちにウニを食べて「生きていてよかった」と思ってもらいたい。そんな気持ちでやっているのです。

豊洲市場を代表とする全国の公設市場に卸したり、根室市のふるさと納税で喜ばれたり。一生懸命頑張っています。

 

さて、私は千葉でウニ屋さんの個人注文を受け付けるネットショップをオープンしました。ご祝儀で売れ、お客様がやってきて注文してくれたのです。のんびりお店屋さんごっこをする私に夫はハッパをかけ、「大きくしよう」といいます。

 

ネットショップを大きくする。それをビジポコの編集長で、新規事業/DX/デザイン思考コンサルタントの河上に相談してみたところ、「大きくしようと思ったら、億の商売にはなるでしょうね。年商3億円ぐらいでしょうか」と。

 

今回は、ウニのネットショップを大きくする前に、ビジネスでもっとも大切な、複利の感覚。それをお届けしたく思っています。とはいえ、読んでくださったみなさんの役に立つ話を心掛けますので、どうかお楽しみに!

続きを読む

ビジネスとは元手をどれだけ早く増やすかのゲーム

ビジポコのライター藤田です。

「経営はゲーム」という言葉を聞いたことがないでしょうか。私は何かのビジネス書でこの言葉を読み、人の生活を左右する経営なる仕事をゲーム感覚でプレイする人がいることに驚きました。

 

しかし、実家で加工したウニを販売するひとりネットショップを開いて、新規事業のスーパーコンサルタントのビジポコ編集長・河上からのわかりやすい話を聞いていると、自分の中で変化が起きてきました。「私にも経営というゲームがプレイできるかも」と思い始めたのです。できるとなると俄然やってみたい!

 

ビジポコは読者のあなたが成長する場所。ぜひ、新規事業の進め方を学んでみてください。

さて、今回のビジポコは、『経営はゲームである』についてお届けします。

続きを読む

個人の稼ぎを上げて、水道水を維持しよう

みなさんこんにちわ。編集長の河上です。

 

編集長の河上は時々ヒマになると、行政のご支援を0円で引き受けています。

今期は、愛知県南知多町と、三重県伊賀市のダブルヘッダー。

南知多町では行財政マネジメント総合政策アドバイザーを拝命

伊賀市ではDX戦略アドバイザーを拝命

 

創業まもないコンサルティング会社がなぜそんなことをするのか?

今日はそこから、少しお話をしていきたいと思います。

最後は、なぜか金だ!という世知辛い話に到着するのですが、みなさんがビジネスで成功することで、蛇口をひねれば水がでる当たり前の日常を続けることに繋がります。

新規事業やDXは、地域をも救う。そんなお話です。

 

続きを読む

宝物は自動販売機で売っていない

ビジポコ藤田です。

 

私の実家は北海道で暮らすウニ屋さん(ウニは北方領土産)なのですが、稼働し始めたばかりのネットショップでウニが売り切れてしまいました。街ににぎわいが戻り、都心の鮨店に人が殺到しているものと思われます。おかげで公設市場のウニ価格が高騰し、手がでない価格になってしまいました。

 

そして売り切れたのはいいのですが、新規ビジネスは【取引】→【商売】→【事業】へと進化していくとも・・・!あなたの現在地は、いったいどこでしょうか?

 

また、事業開発のペルソナとは?

 

今回はデザイン思考によるウニ屋の成長シリーズをお届けします。初見の人でも学びが深いように頑張りますので、どうかよろしくお願いします!

続きを読む

【ビジポコ相談室】大混戦の看護師転職メディアで収益を上げるには?

 

ビジポコ藤田です。

いま、医療に注目がとても集まっています。もともとウェブ上にはナースの転職メディアがたくさん。実は看護師のライターさんも増えていて、看護師ライター養成講座なんてのもあるぐらい。その分だけ看護師転職のメディアは多数存在します。

 

今回のビジポコ相談室は、大混戦の看護師転職メディアで人のお役に立っていくにはどうしたらいいかお届けしていきます。ご相談者は現役の看護師さん。しかも、介護士さんから看護師さんの資格をお取りになり、現役で活躍されている方です。

 

ご相談者:さーしさん

ご職業:介護士から看護師になった現役看護師。

ご相談内容:看護師の転職メディアを運営中。いくらか収益が上がっているが、もっともっと人の役に立って、自分も収益が上がるようにしたい。

ご相談のサイト:応援ナースを紹介する、『看護の派遣110』を運営

 

【今回のダイジェスト】

  • 月収45万円という高給と、働く自由を両立させた人として発信
  • ペルソナによってサイトを2つに分割
  • サイト上の認知の不協和をなくす
  • どこから新しく人をひっぱってくる?

 

では、いきましょう!

続きを読む

ウニ屋のネットショップをデザイン思考で考えたら?

ビジポコ藤田です。

 

ネットショップの売上に悩む方、おられると思います。今や何もかもオンラインの世の中ですし、実店舗の運営にはリスクがあるので、今後は考えたいところです。もちろんネットショップにもリスクはあるのですが、家賃等がかからないので比較的低リスクで始められるのが魅力。

 

ただ、お店を開いて「いらっしゃい、いらっしゃい」とやっても、なかなか人は来てくれません。来てくれても買ってはくれないのです。では、いかにして売っていくか。今回は編集長河上が得意とするデザイン思考でライター藤田の実家が営む北海道のウニ屋さんのネットショップを例にお届けします。

 

【デザイン思考によるウニのネットショップ・ダイジェスト】

  • ふるさと納税の出荷時にネットショップのQRコードを張った名刺をいれる
  • ハッシュタグ「#ウニ祭り」で投稿してもらうが、その理由が・・・
  • お急ぎ便だけネットショップで、のんびり着ならふるさと納税で

 

さて、どうなるでしょうか?

続きを読む